主月歌。 学习日语中。
偶尔进行月歌及后辈组相关的翻译。
本命始隼。
自产粮始隼/海春/阳夜/新葵/郁泪/恋驱。其他cp粮香也吃www
女神组cp也吃,不过只吃gl,不吃bg。
欢迎来唠嗑~
 
 

夢見草

总集在这里



日輪駆ける光の中で落涙したのは 

追逐太阳在阳光下落泪

いつかの憧憬に見た柔らかなその声、その顔。

一直憧憬着 曾经见过的柔和的那道声音,那个容颜。

 

 

行き摺りに舞うあの言の葉が、 

略过的那些话语飞舞着,

鳴り止まぬ程に愛しい。 

因为爱 声音不会停止。

馥郁たる安らかな暖かさ恋し国で。 

在这片可爱的国度里笼罩着一种芬芳、祥和的温暖。

 

 

春雪の様な海飛沫が、 

春雪般的浪花,

砕ける波に鍔迫り舞う。 

在破碎的波浪里舞蹈。

 

 

夜の明ける静寂に滴って、

在寂静的黎明里,

芽吹いた葵に心寄せた。

内心寄居着萌芽的锦葵。

 

 

陽に透けるこの血潮の色、 

透过太阳的鲜血的颜色,

新たな命を紡ぐ為に。

为了编织新的生命。

 

 

始まりを告げる冥衆の隼が時代を

宣告开始的冥衆之隼的时代

攫って行く――  

去抢夺――

 

 

――君よ。 

――你。

 

 

儚いその笑顔。

虚幻的笑颜。

僕の為に咲いて欲しい。

想要它为了我而盛开。

 

 

命散りゆけども、僕が君を守ろう。 

即使魂飞魄散,我也要守护你。

 

 

 

――君よ。 

――你。

 

 

儚いその笑顔。

虚幻的笑颜。

僕の為に咲いて欲しい。

想要它为了我而盛开。

 

 

いつか朽ち果てる日まで、共に生き続けよう。

直到腐朽之日到来之前,一起活下去吧。

 

 

――夢見草。 

――梦见草。 

 

 

息絶え絶えのか弱さに今、寄り添っていたい。 

现在呼吸越来越微弱,想贴近你。

せめての優しさになる様にと願い乍ら、

许下愿望 至少有着仅有的温柔,

きつく抱いた。

紧紧抱住。

 

 

温もりは残酷さに負け、

温暖败于残酷,

降りしきる雨に濡れてしまう。

被连绵不断的雨淋湿。

 

 

曠野の遠く喘ぐ声が、 

旷野间的遥远喘息,

耳に焼き付いて離れない。 

铭刻在我耳边,不曾忘怀。

 

 

それでも、鍔迫り合いは続く。

即便如此,冲突仍在继续。

紅く咲く彼岸の華が散る。 

鲜红盛开着的彼岸花散落。

 

 

大切な日々が走馬灯の様に駆け巡る最中、

重要的日子如同走马灯般闪过,

目の前の君が消えていく様な気がした――

总觉得眼前的你似乎正在消失——

 

 

――願う。

——祈祷。

 

 

幸せへと向かう君を、日々を、この世界を。

与你,与每一天,与这个世界,走向幸福的彼岸。

闇の先へと、光溢れる場所へ。

向着一个在这黑暗之外,充满光明的地方。

 

 

――今は。

――如今。

 

 

振り向かずに生きよう。

生活不能回头,

いくら辛く痛けれども。

无论多么辛苦和痛苦。

 

 

――いつか、何もかもが終わるはずだろう。

——总有一天,一切都会结束吧。

 

 

 

――君よ。 

――你。

 

 

儚いその笑顔。

虚幻的笑颜。

僕の為に咲いて欲しい。

想要它为了我而盛开。

 

 

命散りゆけども、僕が君を守ろう。 

即使魂飞魄散,我也要守护你。

 

 

――君よ。 

——你。

 

 

儚いその笑顔。 

虚幻的笑颜。

 

いつか朽ち果てる日まで咲き誇って欲しい、君だけは。

直到腐朽之日到来之前,恣意盛开吧,只为你。

僕らの歴史を語り継ぐ、 

我们的历史物语仍将继续,

その華の名前は「夢見草」――

那朵花的名字叫「梦见草」――


23 Mar 2017
 
评论
 
热度(50)
© 宸瑾 | Powered by LOFTER